猫背矯正

四十肩(五十肩)とは?

四十肩(五十肩)とは、正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれる関節の炎症で40~60歳代に多くみられる症状です。

加齢に伴って現れる症状なので、40代で発症すれば「四十肩」、50代で発症すると「五十肩」と呼ばれます。

四十肩(五十肩)は、急性期に痛みを感じます。着替えで腕をねじるような動作や、電車のつり革につかまろうとするような動作などで強い痛みが出ます。中には、腕を動かすのが困難なほどの激痛を感じる方もいらっしゃいます。

炎症が起こる詳しい原因はわかっていません。しかし、炎症が起きやすくなる原因に「姿勢の歪み」があります。背中が丸くなるような猫背、肩がカラダの前方へ入り込むような姿勢、左右どちらかの肩が下がっているような姿勢などが長年続くなど、肩関節への負担が蓄積されてしまうことで四十肩(五十肩)になりやすくなります。

当院では四十肩(五十肩)を改善するために、肩や肩関節の周りだけでなくやカラダ全体の歪みを検査していきます。

肩関節の動きを悪くしている原因がどこにあるのかを見極め、根本的な施術をしていきます。炎症を起こす悪い姿勢を姿勢矯正(猫背矯正)することによって姿勢を正しくし、肩関節にかかる負担を減らし回復へ導くことができます。

関連コラム

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
月を選択してください
    TEL:092-582-3020