寝違え

このような症状でお悩みではないですか?

  • 振り向く動きが辛い
  • 気分が悪くなり頭痛や吐き気がする
  • 起きあがろうとすると激痛がする
  • 車の運転が出来なくて困っている
  • じっと座っていると辛いので仕事にならない
  • 普段から肩こりがひどい

症状

起きたときに、首に強い痛みが出る症状です。首を動かすことにより「ズキッ」とするような鋭い痛みを感じます。痛みが背中や肩や頭の部分まで響いたりすることもあり、首を動かすのが困難になります。
「寝違え」という名称は病名ではなく、首周辺の筋肉や靭帯の急性的な炎症による「急性疼痛性頚部拘縮」と呼ばれることもあります。

原因

◆不自然な姿勢での睡眠
通常は寝ている間、無意識に寝返りや姿勢を変えて首の筋肉の負担を減らしてくれます。しかし、飲酒や過度の疲労などの状態で身体の痛覚センサーが鈍ると、首の筋肉に緊張状態が長時間続いても姿勢を変えることもなく、筋肉や靭帯が耐えられなくなって炎症を起こして痛みが出てしまいます。

◆慢性的な首・肩こり
寝違えで来院される方のほとんどは、寝違えをされる前から慢性的な肩こりに悩まされていることが多いです。首・肩周りの動きが良くない状態で、筋肉に負担のかかる姿勢で睡眠を取ると緊張が増して痛みを引き起こします。睡眠時の姿勢の他にも、枕やマットレスなどとの相性も大きく影響をすることが考えられます。また、急激に朝に冷え込む、首や肩の冷えによる血行不良で症状が出やすくなることがあります。

◆姿勢の歪み
姿勢の歪みが、肩周辺に負担をかけて寝違えにつながります。体が歪むと「動きが良い箇所」と「動きが悪い箇所」が出ています。「動きの悪い箇所」は血行不良となり働きを止めてしまい、反対に「動きの良い箇所」はそれを補うように働くことになります。その負担に筋肉が耐え切れず痛みが出てしまします。

TEL:092-582-3020