四十肩・五十肩

このような症状でお悩みではないですか?

  • 肩を自由に動かせないので、生活に支障が出ている
  • 肩だけでなく肩関節、肩甲骨、二の腕、肘あたりも痛みがある
  • 寝返りをうつと肩が痛む
  • 背中の肩甲骨に手が届かない
  • レントゲンで「骨には異常がない』と言われた
  • 痛み止めをもらって飲んでいるが効果を実感できない
  • 片方が良くなってきたら、もう片方の肩が痛くなってきた
  • 肩に「ヒアルロン酸注射」を打っても一向に良くならない

症状

名前が「四十肩」「五十肩」とありますが、症状に違いはありません。40代がなってしまうと四十肩、50代がなってしまうと五十肩と言われます。正式には、肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)と言われます。夜、肩にズキズキと眠れなくなるなどの痛みがあり、寝る時は痛みのある肩の下にタオルや枕を敷いて、肩を少し高くする姿勢になると少し楽になるのも特徴です。一度なると自然に改善するには平均2年近くかかると言われていますので、症状が現れてきたらすぐに、ご相談をされることをお勧めします。

原因

◆肩関節の石灰化などカルシウムの沈着による肩の可動域制限が起こることもありますが、それ以外はほとんどの場合、肩関節自体に四十肩(五十肩)になった根本的な原因はありません。そのため肩に注射を打つと少し軽くなった気がしますが、その場しのぎのでしかありません。

◆肩の関節が四十肩(五十肩)になってしまう過程を説明します。

  1. 骨盤や姿勢の歪みが原因で体のバランスが崩れます。
  2. 肩や肩甲骨、腕の可動域制限が起こり肩への負担がかかります。
  3. そのまま肩を使い続けることで負担が大きくなります。
  4. ひどい場合は炎症が起き、激痛や、肩が上げられなくなります。
  5. 肩を使わないことで固まってしまい、ひどい場合はロックがかかったように固まってしまいます。

肩が上がらなくなることは最終的な結果であり、体の歪みや姿勢の歪みを改善しなければ、いくら肩の周りに施術を受けたとしても、四十肩(五十肩)の改善は難しいです。片方だけでなく、逆の肩まで四十肩(五十肩)になってしまう方がいますが、それは元々の根本的な原因を改善していないことで起こります。

改善方法

当院では四十肩(五十肩)を改善するために、肩や肩関節の周りだけでなく、体全体の歪みを検査していきます。肩関節の動きを悪くしている要因がどこにあるのかを見極め、根本的な施術をしていきます。
一見、肩に関係のないように思える骨盤や背骨などの調整を行い、歪みを整えることで、最終的に肩関節の痛みや可動域(動く範囲)を広げていきます。当院では肩の痛みや可動域を広くすることだけではなく、体を根本から整え、再発を防ぐ施術も行っておりますので、四十肩(五十肩)でお困りの方は、まずはご相談下さい。

TEL:092-582-3020